So-net無料ブログ作成
検索選択

ONE

静かすぎる夜だ 耳がうずくほど
僕も君も誰も 眠ってなんかいないのに

言葉がまだ 大切なこと
伝えられるなら また 何でもいいから 声を聞かせてよ

わかってるって もう行きたいんだろう
気づかないわけないだろう you're the only one
どんなことでも 無駄にはならない
僕らは何かを あきらめるわけじゃない

夜明けの瞬間は いつだって退屈だったけれど
いつもと違う太陽が 部屋のかたすみ照らした

夢があるなら 追いかければいい
まるでジプシーみたいに 自由にさまよいながら
僕ら出会ったんだから

また 会いましょ いつかどこかで
忘れるわけないだろう you're the only one
ドアを開ければ 道は眠って
踏みだされる一歩を 待ちこがれている

愉快な時だけ 思い出して
涙におぼれる たまにはそれもいい

ともに過ごした日々は 僕らを
強くしてくれるよ この胸をはろう
ぜったい会いましょう いつかどこかで
忘れるわけないだろう baby,you're the only one
陽がまた昇ってゆく





この詩は、俺の大好きなB’zの名曲

どんな意味があるかは、この詩と出会い、その瞬間に
その人自身が心に響いて感じたものが
その詩の意味なんじゃないかと俺は思う
(他のB’zファンの方ごめんなさい)


人生楽しいこともあれば、苦しい時もある
いくつもの壁にぶちあたり、それを乗り越えようとする
時には泣いたり、悩んだり、壁の前に立ちふさがり
どうすることもできないこともある

でも、その壁を乗り越えると次の道が開ける
そう信じて、人は生きて、行動することで
また前に少しずつ進みだす
人生って、そんなことの繰り返し、だからおもしろい

もしその壁が一人で乗り越えられないならば
二人だったら乗り越え、進める一歩がきっとある
もし力がないなら、二人で知恵を出し合えばいい
一歩一歩、少しずつ、ゆっくりでもいいから
前に進めれば、きっと何かが見えてくる
そして何かが変わる。そう信じて進めばいい

もし二人でも乗り越えられないならば
また一人、力になってもらばいい
そして知恵をもらえばいい

それでも厚く高く乗り越えられない壁があるならば
もっともっと多くの人から力と知恵をもらえばいい

人は一人では生きていけない
そんなときは一人で乗り越えようとするのではなく
誰かを頼ればいい



一生懸命生きて、生きて、生き抜いて、最期はこう叫びたい
「まったく!いい人生だった!」と・・・・Dr.ヒルルクのように

だからこそ、今日からまたその人生の一歩踏みを出す

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。